輸入物販研究ブログ SPARKY!!

G13です。ブランド品の輸入業をメインにビジネスを展開中。法人設立から4期目。副業としての輸入転売から独立以降の成長の軌跡をたどり、2018年12月に月商1400万を達成したノウハウを書き記していきます。 販売媒体は、自社通販サイト、楽天、BUYMA、メルカリ、ヤフオク。

※随時更新【2018年版】輸入物販を研究して起業・副業をスタートさせよう!

輸入物販研究ブログSPARKYへようこそ!

このブログでは僕が輸入物販をやっていく中で経験してきたことや

身につけたノウハウなどを整理してアウトプットしていきます。

 

なんとなく起業したいなぁと考えている学生の方

物販で起業・副業スタートを考えているサラリーマンの方

家事の合間に収入を増やしたい主婦の方

輸入物販をやっているけど苦戦中の方

 

こういった方々に参考になるようにページを構築してきます。

気になることや質問などございましたら、

お問い合わせ欄よりメッセージください。

 

【初心者向け】バイマのノウハウをまとめていきます!(随時更新中)

はじめに ー初心者向けにバイマのノウハウをまとめる理由ー

バイマ(BUYMA)とは ーバイマという戦場で何が起きているのかー 

バイマ(BUYMA)とは ーバイマという戦場で何が起きているのかー 番外編

初心者がバイマに参入するためにはどうすべきか?

実際にバイマのリサーチをやってみよう ー攻めるブランドを決めるー 

実際にバイマのリサーチをやってみよう ー仕入先を突き止める その①ー

実際にバイマのリサーチをやってみよう ー仕入先を突き止める その②ー

関税の話 ー悪質バイヤーに物申すー

 

 

【中・上級者向け】バイマのノウハウをまとめていきます!(随時更新中)

【ガチ】VIP交渉のやり方

 

 

 

【起業したい人向け】僕の物販の軌跡を紹介していきます!(随時更新中)

 

■月商100万までの道のり

販売編

仕入れ編

仕入れ編 続き

 

■月商200万までの道のり

単一商品の縦積み販売の仕方

季節商品で売上を爆上げする

 

■月商300万までの道のり

イタリア仕入れに目覚める?

初のイタリア渡航

イタリアの免税と国内の税関の話

イタリア商品の販売編

 

■月商400万までの道のり

ヨーロッパ移住計画

フランスの現地調査

フランス移住開始

初のパートナーが参加!

月商400万まとめ

 

■月商600万までの道のり

 ・フランス事業をたたみ、国内事業へ

 ・銀行融資を実践!

 ・在庫販売の極み

 

 

【ガチ】VIP交渉のやり方

f:id:GINKEN24:20190319163142j:plain

 

 

こんにちは。

久しぶりの投稿となりました。

僕のやっている会社は1/31〆で決算を行いますので、

この1ヶ月はそこに時間を取られていました。

 

ようやく業務が落ち着き始めたので、

またブログを書いていこうと思います。

 

さて、先日、あるバイマ系の情報発信者のメルマガで、

「この前、インスタグラムから某有名ブティックの担当さんから、

顧客になってくださいと連絡きました。これぞ逆VIP交渉です!」

みたいな内容の発信を読みました。

 

まぁ、どうせ某有名ブティックなんてのは話盛っているとは思いますが。。

とはいえ、インスタ経由でセレクトショップから

交渉を持ちかけられることはたまにあります。

 

と、いいますか、インスタ結構売れるので

在庫を持っている人は必ずインスタに出した方がいいです。

僕も毎月売上で50万くらいはインスタから問い合わせがきて、

ECに誘導して注文を入れてもらっています。

媒体手数料もかからないのでガチで粗利が取れます。

 

まぁ、それは一度置いておいて、

先ほどのセレクトショップからの逆VIP交渉ですが、

ドヤるほどのことではありません。普通にきます。

 

そこらのコンサルで稼いでいるような情報発信者は、

基本、物販自体はにわかが多いので、

メルマガでドヤるためのネタにして終了でしょう。

 

では、ガッチガチで物販やっている僕だったらどうするのか。。

 

連絡が来たらさっさとお店にいっちゃいます笑

 

というわけで、この2月にイタリアに行ってきました笑

 

f:id:GINKEN24:20190319163334j:plain

 

お店の外観はこんな感じです。

一応、看板とかは伏せておきます。

 

2月の頭くらいにお店のマネージャーから直接連絡がきて、

あーじゃあ、2月の半ばにそっちいくから、その時寄るよーみたいな

めちゃくちゃ軽いノリでアポをとりました笑

 

お店の中はこんな感じでしたね。

 

f:id:GINKEN24:20190319163813j:plain

 

f:id:GINKEN24:20190319163855j:plain

 

f:id:GINKEN24:20190319163943j:plain

 

f:id:GINKEN24:20190319164033j:plain

 

f:id:GINKEN24:20190319164042j:plain

 

こんな感じでブランドが陳列されていて、

元々は、革製品の超老舗のお店らしく、

革の小物やジャケットがずらりと並んでいました。

 

そこに加えて新しく、ブランドの販売にも力を入れ始めたとのことでした。

ブランドのラインナップは、フルラ、ケイトスペード

マイケルコース、TUMI、Mont Blanc、BALLYあたりでした。

 

…めっちゃ微妙!笑

 

まぁ、事前にこちらのお店のサイトを見ていたので、

微妙だろうなぁとは思っていました。

 

やはり、プラダ、グッチ、サンローラン、バレンシアガなどの、

ハイブランドを扱うのは相当難しいようです。

それこそ長年ブランドを扱ってきたお店にのみ、

ブランド側も卸しているようです。

 

この時に会ったお店のマネージャーは、

そこらへんのブランドは、なんとか扱えるように努力しているが、

まだまだ時間がかかるってもんよ、と言っていました。

 

とはいえ、フルラに関しては大量に買っているので、

お店の在庫を漁ったり、割引率や注文の仕方など、いろいろと話をしました。

 

例えば、

「いま僕が取引しているショップは、フルラを20%引きで卸してくれてるよ。

そこはだいぶ下回ってもらわないとねぇ」

 

「んじゃ、21%で」

 

「1%かよ!笑 イタリア人だねぇ笑」

 

みたいな感じで交渉しています。

(割引率は例え話)

こういうのが面白かったりします。

というか、ブランドの並行輸入業の醍醐味と言っても過言ではないでしょう。

 

あとは、ショップ商談の時は、挨拶がてらにお店の在庫を買い漁ります。

これをやるとその後の割引率の交渉が通りやすくなったりします。

信頼を金で買う的な笑

 

まぁ、結果的にこちらのショップからは、

今後もフルラの商品リストを送ってもらうという感じで話は落ち着きました。

 

前述の通り、ブランド側がショップに卸す際は、審査などが厳しく、

ショップが注文できる金額枠も決まっています。

そうなってくると、長い付き合いで、

かつ取引額が大きいところが優先になってきます。

 

なので、ショップとの提携は、複数のショップから買うスタイルより、

一つのショップから大量に買って、割引率を下げる、

もしくは、枠を潤沢に確保するスタイルの方が賢いです。

 

従って、僕の判断としてはこれまで提携してきたショップから、

引き続き買い続けることにしましたが、こういった形で、

常によりよい提携先を探し続けています。

 

今回は、ガチ物販プレイヤーは、

こんな感じで交渉しているんだよ〜というのが伝わればなと思います。

是非一つ参考にしてください。

 

それでは!

 

G13

 

関税の話 ー悪質バイヤーに物申すー

f:id:GINKEN24:20190124104942j:plain

 

 

さて、今日はブランドの輸入をやるには欠かせない、

関税に関する話をしていこうと思います。

 

関税の基本

 

まぁ関税の基礎知識みたいのはググれば出てくるので、

このブログでは割愛しますが、簡単に説明すると。。

 

個人輸入の場合

ここでいう個人輸入というのは、

個人事業主として販売する商品を輸入する、という意味ではないです。

単に、一般消費者として、海外の事業者から私物を購入する場合です。

 

商品金額の60%に対して課税

16,666円以下で免税

 

これが個人輸入です。

 

・商用輸入の場合

これは国内の会社・素人販売者が商品として、海外から商品を輸入した場合です。

 

商品金額の100%に対して課税

 

これが個人輸入と商用輸入の違いです。

税率については細かいところがありますが、

基本的には僕の場合は革の財布とバッグを扱っているので、

関税は10%くらい、消費税は8%で見ています。

 

さてさて、こんなの、国内で事業をやっていて、

商用に商品を輸入しているのであれば、払って当たり前。

このブログを見ているみなさんは、呼吸をするレベルで、

関税消費税は納税してください。

 

では、この関税まわりに関して、

バイマで一体何が起きているのでしょうか。

 

バイマでの関税にまつわる現状

 

一応、僕がここに書く前に、

ネット上でバイマの関税がらみの話をしているブログも見てみました。

 

まぁ、どれもネットで調べたことをペタ貼りしただけの浅いものですね。

僕がもうちょっとエグッてやりましょう。

 

以前、バイマとはなんぞやと解説した際に、

バイマの最大の特徴は、海外在住バイヤーから商品を直接購入できる、と書きました。

そう、やはり海外在住バイヤーは強いです。

 

何が強いかというと、お客さんに直接商品を送るため、

関税、消費税をお客さん払いにすることで、

表示価格をグッと下げられる。

これは強いですよね。

 

実際、この仕組みに関しては、法律的にも全く問題ないのです。

海外バイヤーは現地で商品仕入額に対して消費税を支払っていますし、

購入者は海外バイヤーから直接買うため、

上記でいうところの個人輸入に当たります。

 

なので、支払いの義務はお客さんにあります。

これは至極当然のことですね。

で、何がいけないのかっていうと、海外在住バイヤーが増え、

価格競争がえらいことになっています。

 

例えば、モンクレールをフランスなどのヨーロッパ直営店から流している人は、

もうほぼほぼ原価で売っています。

でも、そこにもしっかり儲けの仕組みがあって、

ヨーロッパで会社を持っていれば、

日本に送った商品分の消費税が還付されます。

 

ヨーロッパの消費税なので22%。

原価で売っても全然儲かりますね。

 

このやり方は、バイマで◯ランスから◯ン◯ーランを

爆売しているバイヤーの、元担当会計士から裏をとったので、

そういうやり方が存在するのは間違いありません。

 

(※これは全ての海外在住バイヤーに該当するものではありません。

また、ヨーロッパでも国によってはこの仕組みを敷けない国もあります。)

 

まぁどんなやり方にせよ、海外在住バイヤーたちが、

激しい価格競争をして値段をぶっ壊しに行っているので、

国内在住バイヤーは困って次の手に出ます。

 

・国内で事業をやっているけど、海外からお客さんに直接発送して、

関税消費税をお客さん払いにする。

 

・海外に行って買い付けた商品を、帰国時に通関せず日本に持ち込む。

 

前者に関しては、明確にリーガルチェックしたわけではないので、

微妙なところですが、このやり方ですと、国内の事業者が、

国内の消費者に販売しているわけですから、

本来であれば商用通関して関税消費税を事業者が

支払わなければならないと思われます。

 

そこをお客さん負担にしているのはおかしいでしょって話です。

 

また、後者に関して。

こんなもんアウトもアウト、普通に犯罪です。

これはヨーロッパのアウトレットでやっている人が多いですね。

僕も以前から目をつけているバイヤーがいて、

どう見てもドイツのアウトレットで購入した商品を、

日本に通関せずに持ち込んで売りまくっています。

トップ100にランクインするレベルです。

 

なぜ通関していないってわかるのか。

なぜなら、僕も原価を知っているからです笑

というか、国内在庫ありの商品が、海外在住バイヤーと全く同じ値段で出ています。

さすがにそれはおかしいでしょ。

原価は一緒なんだから。

 

しかも、たまたまそのバイヤーから商品を買ったことがあるのですが、

思いっきり自分の物販関係の知り合いだったというオチまでついていました笑

 

また、最近はインスタとかでも、イタリア買い付け承りますって、

スーツケースがブランド品でパンパンになっている写真を

あげている人も出てきました。

 

コンタクトを取って確認してみると、

もちろん通関なんかしちゃいない。

インスタでデカデカと自分の犯罪行為を晒しているとか

もう頭沸いてるんじゃないでしょうか…。

 

とまぁこういった具合に、海外在住バイヤーが

あんまりにも値段をぶっ壊してくるもんだから、

うまいこと関税消費税をかわして稼ごうとする輩がたくさん出てきています。

 

ですが、そういうグレーなことを続けていると、

いつか痛い目を見るのが世の常。

長く、中長期的に稼ぎ続けるのであれば、

税金のところはしっかり納税するようにすべきですね。

 

では、今日はここまで!

 

G13

大企業を辞めて起業してよかったか?

f:id:GINKEN24:20190123235150j:plain

 

 

さて、今回はいつもと趣向が異なるテーマについて書いていこうと思います。

 

以前からブログ内で時系列にして書いていますが、
僕が独立してからもう4年が経とうとしています。
この1月で会社は3期目を終えます。
 
独立してからというもの、僕は一部を除き、
それまで付き合いのあった一切の人脈を断ち切りました。
 
今ある人脈は全て、独立してから仕事の中で培ってきました。
それはまぁ、それとして…。
そんな中、最近、独立した時に断ち切った人脈の人と会う機会が何度かありました。
 

 

その時に、誰もが口を揃えて僕に聞いてきたのが、
「せっかく大企業に勤めていたのに辞めてよかったの?」というセリフです。
 
親族にも毎度のことのように言われます笑
なので、正直このセリフにはかなりうんざりしていますが、
4年間やってみて実際どうだったか、僕なりの答えを出したいと思います。
 
最近はこちらのブログでかなりお問い合わせを頂いていまして、その中で、
やはり独立したいけど会社を辞めるのは…、という方が多くいらっしゃるので、
その方たちに少しでも参考にしてほしいと思い書きます。
 
 

結論から言うと…。

 
僕はこのセリフを言われる度にこう即答しています。
「うん、マジで辞めてよかった。てかもっと早く起業すればよかった」
これは本心です。
 
起業して自分でビジネスをやり始めると、
好きな時に好きな人とあって、毎日どこでも自由に仕事ができて…。
満員電車もなく、人間関係のストレスもなく楽しくすごせる…。
なーんて甘っちょろいことはいいません。
 
むしろ修羅場の方が多いです。
儲かっていない段階でしたら金銭的にきつくなる時だってありますし、
物販をやっていると仕入先やお客様とのトラブルだって毎日のように起きます。
 
新しい事業に仲間を誘ってやり始めたら、タダの金くれ虫になってしまったり、
スクールをやろうと話を持ちかけられたら、そいつが詐欺師だったり、
海外出張が多いのであれば渡航先でのトラブルだってあります。
 
1000万以上の在庫があれば盗難が心配で夜も眠れません(ぐっすり寝てますが)。
 
キツさの種類は違えど、サラリーマンだろうが社長だろうが、
よほど才能と能力のある人でない限り、どちらも厳しい世界です。
 
では何が違うのかというと、ここは僕なりの見解ですが、
起業して社長になれば、
「全ての行動が自分自身のためであり、
正しい努力を積み重ねればしっかり自分に成果物(主に金)として返ってくる」
ここがサラリーマンとは圧倒的に違います。
 

大企業にいちゃだめだと思った理由

 

逆にサラリーマンはどうだったのか。

 

僕が実際に大企業のサラリーマンをやっていて、

ここにいちゃだめだと確信したことがいくつかありました。

 

まず一つが、

・自分のやりたい職種が選べない

・自分が担当する領域を選べない

ここです。

 

僕は就職する時、会社に、海外勤務の仕事か、

会社の経営に携わる仕事を希望している旨を伝えていました。

しかし、配属されたのは営業職。。

希望していない部署に飛ばされるなんてザラですが、

本来希望していた部署にいくためには、

5-10年、営業で頑張って成果を出して、

運のいい人がようやく行けるレベルでした。

 

また、営業をやったらやったで、

それぞれに担当エリアが決まっていて、

他のエリアは不可侵。

与えられたエリアが小さければ結果も小さく、

与えられたエリアが多きければ結果も大きい。

始めから勝ちにいけない仕組みが敷かれていました。

 

ここで僕は、

自分の運命を人に委ねる危険さに気づきます。

 

そして、次に、

・自分の出した結果が目に見える成果物となって返ってこない

これはもうサラリーマンをやっている誰しもが感じていると思います。

 

どんなに営業で高い成績を出そうが、

給料に反映されるのはわずかな金額。

何事もなかったかのように日々は淡々と続きます。

 

部署が変わればそれまでの積み上げはリセット。

金銭的にはもちろん、仕事の腕前は上がるとしても、

果たして自分がやってきたことに意味があったのか、

数字としても見えにくく、実感としても薄め。

 

これがわかった時に僕は、

大企業でサラリーマンとして10年頑張った自分と、

起業して社長として10年頑張った自分では、

仕上がりが全く異なるだろうと確信しました。

 

金銭的にも、仕事の腕前的にも、人間的にもです。

 

なので、僕はやはり起業する道を選びました。 

 

そして、実際にやってみてどうだったか

 
こんな考えがあって、僕は起業し、4年弱やってきました。
その結果、「大企業を辞めてよかったのか?」というセリフに対して、
間違いなく先ほどの返答をします。
 
直近で、事業の調子がよく、自信がついてきたからというのもありますが、
その調子が良いというのも、これまで積み上げてきたものが、
最近になって成果物として目の前に現れてきているからです。

 

そして今後も日々コツコツ努力して積み上げていけば、

より強固でより大きな収益をあげられることを確信しています。

これなら…人生賭ける価値ありますよね。

 

だから僕は、これからもこの青天井の世界で上を目指し続けます。

 

大企業…辞めて起業してよかったです、本当に。

輸入と全然関係ない話ですみませんでした笑

 

それでは。

 

G13

 

 

月商600万までの道のり③ ー在庫販売の極みー

f:id:GINKEN24:20181204222852j:plain

 

こんにちは、今日は月商600万達成編の続きを書いていきたいと思います。

さて、前回までのあらすじですが、2017年5月に僕はフランスから帰国しました。

帰国に伴い、フランスでやっていた店舗ドロップシップができなくなったので、

銀行から資金を調達し、在庫販売を強化していくことにしました。

 

在庫として持つのは、イタリアのアウトレットで購入した商品、

そして、パートナーであるELLYさんが引っ張ってくれた、

優良な仕入先からの商品でした。

 

しかし、在庫販売でやっかいなところは、

例えば100万分の商品を仕入れて出品したとして、

すぐにバンバン売れるようになるわけではない、ということです。

 

買い付けた100万のうち、超人気の商品は一気に動きますが、

そこそこ人気の商品とかだと、ただ出品しただけではなかなか動いてくれません。

これはなぜかというと、超人気商品の場合は希少価値があるので、

その商品自体がアクセスを引く力を持っています

 

ですが、そこそこ人気、もしくはそれ以下の商品となってくると、

他の競合もその商品を持っていたり、さらにその商品を動かすために、

かなりの安値で出していたりするので、なかなかアクセスがついてきません。

 

なので、現実的にはただ100万仕入れて出しただけでは、

20-30万はすぐに売れて70-80万は滞留するのがオチです。

そこをどうやって競合と差別化し、こちらにアクセスを引っ張るのか。

僕が実践していることは二つあります。

 

在庫を動かすコツ ークオリティ高い商品写真で商品数を増やすー

 

商品写真の重要さについては、

 

www.sparky-buppan.com

 

こちらで解説させて頂いていますが、

もうこれは不変の真理で、商品写真がしょぼかったら在庫商品は売れません。

だからと言って、大手ショップのような一眼で、ガッチガチの撮影機材を使って、

白抜きされた綺麗な写真が一番いいかと言うと、僕はそう考えていません。

 

むしろ、そういう大手ショップと戦うことになるのだから、

大手ショップと同じことをやっていたら、勝ちにいけません。

写真で差をつけるとしたら、背景を独自のものにする、これが重要だと考えています。

 

だからといって難しいことではありません。

こんな感じの、

 

f:id:GINKEN24:20181204230119j:plain

木目背景だったり、大理石模様だったり、なんでもいいのですが、

百均でこういう背景シートが売っているので、購入してきます。

 

そして、それをセットし、日当たりのいい場所で、

iphoneを使って撮影する、これだけです。

今のiphoneの写真のクオリティは、一眼にも全然引けを取りませんからね。

十分だと思います。

 

f:id:GINKEN24:20181204231128j:plain

 

実際の商品写真の一例ですが、こんな感じで、

もこもこマットの上で撮影してもなかなかいい写真が撮れます。

 

また、バイマの場合は複数カラーある場合は、

色違いも全て、一枚の写真に載せて、サムネイルにするのがいいでしょう。

俗に言われる、カラーバリエーション、カラバリ出品ってやつです。

バイマ上ではこの方がダントツでアクセスがきます。

 

こうやって撮影したクオリティ高めの写真で出品すると、

そこそこ人気の商品でもアクセスがちゃんとついてきます。

カラバリ出品していたらなおさらですね。

 

で、あとは数の問題になってきます。

10商品並べていたところを20商品、30商品…と増やしていくのです。

これは在庫切れした商品込みの数です。

バイマでは、リクエスト受付中の状態にしたら、

在庫切れでもその商品を閲覧することが可能ですし、

楽天、yahoo、ECでも在庫切れ商品を、商品一覧に残して置くことで、

お客さんの閲覧を増やすことができます。

 

なので、高クオリティの写真で、自力でアクセスが引ける商品ページを、

少しずつ増やしていくイメージです。

僕もこれを始めた5月はそれこそ20商品分の商品ページしかありませんでしたが、

12月手前には300商品分の商品ページが集まっていました。

さらに1年後の今となっては750商品分の商品ページがあります。

そうなると、アカウントのアクセス数自体がかなり増えるので、

ただ出品するだけでは売れにくかった商品もどんどん動くようになります。

 

これに関しては本当に地道な積み重ねですね。

そして、何より重要なことは、これだけ商品撮影をしたわけですから、

バイマ以外の媒体にも出品していくべきです

フリマアプリやyahooショッピング、wowma!、

ヤフオクAmazon、自社ECでしたら簡単に出店できます。

 

それをすると、他媒体がバイマよりよっぽど売りやすいことに気づいてしまいます笑

僕自身、普段の仕事は8割くらいバイマに関することをやっていますが、

売上の構成はバイマが3割くらいしかないです。。

 

なので、在庫販売のみだと本当に億単位で在庫を持たないと、

バイマ上ではトップバイヤーになるのは厳しいです。

海外ブランド専門のプラットフォームであるがゆえの難しさですね。

ですが、逆にバイマの特性を利用して、在庫にアクセスを増やし、

回転させていく方法もあります。

 

それが次の項目です。

 

在庫を動かすコツ ー無在庫販売を強くするー

 

これはバイマ限定の話になりますが、

バイマでは基本的には無在庫販売が許されています。

 

先ほどの話では、アクセスゼロのアカウントに、

在庫商品100万分をただ出すだけでは売れない、という話でしたが、

すでに、無在庫販売で100万、200万と売上がある状態で、

在庫商品100万分を出すのであれば話は違います。

 

すでにそこには100万、200万と、

売上をつくれるだけのアクセスがあるわけですから、

そこに在庫商品を出せば単純に売上増になりますし、

動きにくい、そこそこ人気以下の商品でもちゃんと動いてくれます

 

これはまさに、有在庫、無在庫戦略の相乗効果ですね。

僕もそこに関しては今年になってようやく気づきました。

気づいたというか、無在庫戦略でいいネタがなかった、という方が、

表現としては正しいかもしれません。

 

ですが、今年の10月くらいにやばすぎる無在庫戦略のやり方に気づき、

その出品に力を入れ始めました。

11月通しでその戦略をやってみましたが、利益10万を無在庫で作ることができたので、

ここはコツコツと伸ばし、来年には利益30万アベレージ、

そしてその年末には50万、100万と狙えるところまで持っていければ、

かなり財務面が安定してきます。

 

なので、向こう1年はそこに力を入れていくつもりです。

このノウハウ自体はブログで公開はしませんが、非公開で人に教えています。

というより、一緒に切磋琢磨で仕組みを作り上げていっています。

そういうのも最近は楽しかったりします。

 

話は逸れましたが、

この上記2つの点がバイマで在庫を動かすコツだと考えています。

ちなみにバイマ以外の媒体では後者のような、無在庫販売はできないですし、

むしろそんなことしなくても売れます笑

 

とはいえ、この月商600万を達成した昨年(2017年)9月の時点では、

後者の方法を見つけていなかったので、前者の、在庫を持って

高クオリティ写真の商品ページを増やして、

他媒体にも攻め込んでいくというスタイルでやっていました。

 

5月からこの戦略をとり始めたので約4ヶ月くらいですかね。

それが9月でようやく身を結び、月商600万を達成することになった、

という流れになります。

 

そして、2ヶ月後の11月に700万、3ヶ月後の12月に1000万と、

実績をさらに上げていくことになるのですが、

そのプロセスについてはまた新しい章にてお話ししていきます!

 

読んでくださり、ありがとうございました!

 

G13

【トラブル】モルドバで税関職員に商品を盗難された話

f:id:GINKEN24:20181203210630j:plain

 

さて、今日はなぜか乗っているので2本目書きたいと思います。

 

創業してから3年目の暮れになり、

会社の実績も上がってきたためか、人との関わりが増えるようになりました。

同じくらいの実績の経営者友達と出会うこともありましたし、

僕の輸入のやり方を学びたいと言ってくださる人と会うことも増えてきました。

 

そこでよく言われることが、

いやー、G13さんはいいですねー!

海外飛び回って買い付けの仕事とか!

憧れます!私もやりたいです!

 

と言われることが多々あります。。

そうですね、よくよく数えたら1年のうち、2ヶ月くらいは、

ヨーロッパに滞在している計算でした。

クレジットカードで使う金額も大きくなった今では、

ほとんどがマイルでの渡航になっています。

 

端から見たら自由に海外に行けて、

楽しそうに見えるかもしれません。

ですが、戦場は海外です。

実際は常に危険と隣り合わせで、渡航中はむしろ緊張の連続です。

 

そこで今回は、これまであった海外トラブルの中で、

一番やばかったやつを紹介しましょう。

 

トランジットで初めてモルドバを経由した

確かこれは、2017年1月頃の話です。今から約2年前。

当時、僕はフランス事業を立ち上げるため、パリに滞在していました。

 

もちろん基本的にはパリ常駐でしたが、

たまに日本でやらないといけないことがあると、

日本に一時的に帰ったりしていました。

 

その時は、フランス事業も立ち上がったばかりで、

ようやく売上が400万にいったくらいの時で、

そこまでキャッシュフローが潤沢にあるわけではありませんでした。

 

なので、いつもパリと日本の行き来は最安の便を使っていました。

当時だと最安の便で5万とかで片道行けちゃいます。

ですが、その時は、急遽帰国を決めたため、トランジットが少なく、

帰りやすい便があまりなかったので、ロシアのアエロフロートを使って、

パリ→モルドバ→モスクワ→日本という、

わけわからん航路で帰国することになりました。

 

で、経由地のモルドバに到着したのですが、

その時、スーツケースの中に、知り合いの社長に頼まれたベルルッティの財布と、

グッチの財布がいくつか入っていました。

 

そして、モルドバに着くと、トランジットのために税関検査場を通過します。

飛行機から降りて、パスポートチェックのカウンターがあり、

そこが人でごった返していたので、一旦この人の波が落ち着いたら行こう、

ということで、最後尾についてパスポートチェックを終え、

税関検査場につきました。

 

そしたら、僕の前にいた大勢の人は

全くノーチェックで税関検査場を通っているのですが、

なぜか僕だけ呼び止められます。

 

そして、「スーツケースの中をチェックさせてくれ」と言われ、

スーツケースを開けたら、先ほどのいくつかのブランドの財布が出てきました。

 

それを見た税関職員は、

「おー、これはモルドバには持ち込めないんだ。

チェックインするまでは税関で預かってるから、

チェックイン直前にこっちに取りに来て」と言われ、

スーツケースを置いていくことになりました。

 

で、チェックインの時間を迎え、

スーツケースを取りに行き、カウンターでスーツケースを預けました。

すると、あれ…???

 

フランスでチェックインした時は、荷物は20kgだったのに、

あれれ…18kgになっているぞ…???

詳細な重さは忘れましたが、確かそのくらいの重量が減っていました。

 

でも、その時は確信がなかったですし、

すでにカウンターに荷物を預けて運ばれてしまったので、

その場で中身確認はしませんでした。

ただ、「あー、もしかしてやられたかも」という予感はしました。

 

そしてその予感は的中で、日本の空港についた瞬間にスーツケースを確認しました。

そしたら商品がごっそり、なくなっていました。

 

税関職員が盗みを働くというのは、

話に聞いたことはあってもまさか自分の身に降りかかるとは!

最初は焦りましたが、

まぁアメックスの保険でなんとかなるだろうとは思っていたので、

冷静に状況を把握できました。

 

あとあと調べてみたら、モルドバという国は、

ヨーロッパ最貧国で治安もあまりよくない国ということでした。

隣国のルーマニアでは日本人女子大生が恐るべき犯罪被害にあっていましたね。

 

そんなこんなで、これが記憶の中で一番残っている海外トラブルだと思います。

今では、安全な航路で渡航できるくらいマイルがたまるようになりましたし、

よくいっているイタリアは、治安がよく、優しくて明るい人が多いので、

しっかり気をつけていれば、安全に仕事を進めることができます。

 

ですが、海外を飛び回る仕事も常に危険と隣り合わせなんだよ!

ということを声を大にして訴えたかったのです。

ちなみに盗まれた分の金額はアメックスが神対応で補償してくれました笑

 

起業して海外での仕事に興味ある方は是非参考にしていただければと思います。

それでは今日はここまで!

 

G13

実際にバイマのリサーチをやってみよう ー仕入先を突き止める その②ー

f:id:GINKEN24:20181011093614j:plain

 

こんにちは、少し間が空いてしまいましたが、

今回は「仕入先を突き止める、その②」を解説していきたいと思います。

 

前回のその①では、まずは自分と状況が似たバイヤーを探し、

そのバイヤーの商品ページに書かれた、英語の商品名から、

仕入先を突き止めるテクニックを解説しました。

 

では今回は、そういった仕入先のヒントになる商品名などの情報が、

商品ページに書かれていなかった場合の方法を解説します。

 

次のヒントは商品画像にある!!

 

はい、こちらのタイトルにも書かせて頂きましたが、

次にライバルバイヤーの仕入先を特定する方法は、

ライバルバイヤーの商品画像からリサーチをかけていく方法です。

 

まずはこちらをご覧ください。

 

f:id:GINKEN24:20181203195438p:plain

 

こちら、あるバイヤーさんのモンクレールのダウンの商品ページなのですが…。

今回もバイヤーさんが特定されないように画像以外のところは伏せています。

 

このバイヤーさんは、商品詳細の説明書きのところに、

前回のような英語での商品名などのヒントは残していません。

 

※話が飛んでしまいうので、補足として書きますが、

商品名はないものの、品番は書かれています。

例えば、品番が、94162009699Z999と書かれていたとして、

 

それをそのまま検索にかけるだけで、仕入れサイトが出てくる場合もあります。

ショップによっては品番の記載の仕方が、例えば、

9416200 9699 Z999や、9416200_9699_Z999といったように、

そのショップ独自の表記方法の場合に、

検索をかけるだけで出てくるケースが多いです。

 

では、商品名でのヒントがない場合は、どうするのか?

タイトルで言った通り、画像を活用します。

 

こちらのページの商品画像にカーソルを合わせ、右クリック。

「商品画像のURLをコピー」で、URLをコピーします。

コピーが完了しましたら、

 

f:id:GINKEN24:20181203200948p:plain

 

こんな感じで、商品のURLを画像検索画面に貼り付けます。

ここで一つ、小ネタだけど知っておくと得する情報があります。

 

この貼り付けたURLをみてください。

ここに「180923」と書かれています。

 

これ、実はそのバイヤーさんが、「その画像を加工した日」なのです。

「その画像を出品した日」だったかもしれませんが、

まぁいずれにせよ、出品してからの日が浅いかどうかの判断がつきます。

 

これは、出品してからの日が浅くて、

アクセス、ほしいもの登録がかなり付いているようだったら、

人気が急上昇しているアイテム、ということになるので、

リサーチの一つの指標になります。知っておいて損はないと思います。

 

話を戻します。

検索窓に画像のURLを放り込んだ後、

検索結果には、しばらく日本語のページが出てきますが、

2-3ページ目にだんだんと英語、もしくはその他の言語のサイトが出てきます。

その一つ一つをめくっていくと…。。

 

f:id:GINKEN24:20181203201613p:plain

こんな感じで該当する仕入れサイトが出てきます。

ちなみに、Farfetchもよく出てくるのですが、

ここは、ヨーロッパなどの海外ブランドのセレクトショップが集まった、

プラットフォームのようなサイトになります。

 

zozotownの海外ブランド取り扱い版といったところです。

ここはヨーロッパのセレクトショップから日本にも送ってくれるサイトですが、

基本的には値段が高いので、仕入れとしては利用できません。

なので、ここが検索で出てきたら、無視していきましょう。

 

そして、気になる真ん中のサイトをクリックしてみると…。。

 

f:id:GINKEN24:20181203201917p:plain

 

Sold Outになってしまってはいるけど、ドンピシャですね。

この商品は在庫切れだとしてもこのサイトからいい値段で出せるようだったら、

芋づる式で他の商品を出品することができます。

 

もちろん、今回はブログで説明する用に、

都合の良いネタを持ってきました。

ですが、この方法で仕入先を特定されるとわかっているバイヤーも多いので、

商品画像は仕入先のものではなく、ブランドのオフィシャルサイトの写真を使ったり、

先ほど紹介した、Farfetchも画像が綺麗で多数の商品があるので、

その画像を使ったりすることで、仕入先を特定できないようにする人も多いです。

 

なので、この作業は根気強くやる必要があります。

逆に、この画像検索作業を進めていくコツは、検索する画像は、

ブランドのオフィシャルサイトやFarfetchの画像ではないこと、

ショップが独自に撮影したであろう商品画像を見極めること、

この二点が重要ですね。

 

根気強くやって、優良な仕入先を発見することができたら、

その仕入先が扱っている、他ブランド、他商品に横展開できるので、

一気に突破できると思います。

 

まぁこの方法は、リサーチの基本っちゃ基本の部分ですが、

いくつか知って得する小ネタも紹介しましたので、

是非バイマプレイヤーの方には参考にして頂きたいです。

 

さて、毎度のことながら長くなってしまいましたので、

また次回!

 

G13

 

2018年11月の近況報告

こんにちは。

去年もこの時期に近況報告を書いていたので、

今年も書きたいと思います。

 

実はこのブログ、9月あたりから急激にアクセスが上がってきていて、

趣味程度で書いていたのですが、こんなに見て頂けるのであれば、

頑張って書かなきゃ!と思いつつ、書けていませんでした笑

 

今後は意識的にこちらのブログに有益な記事を増やして行こうと思います。

 

それはさておき、今年の11月の実績ですが、昨年の月商700万に対して、

今年は月商900万ちょいで着地しそうです。

在庫規模も考えると、12月は1500万くらいまでいくかなぁといった感じです。

 

とはいえ、今年は去年の倍の伸びになるだろうと想定していたので、

思っていたよりも伸びなかったというのが正直なところです。

 

ただまぁ、今年一年を通して、色々と考え方が変わりました。

ブランドの仕入れ自体は、もうこれ以上はないだろうというところに辿りついたので、

あとは資金力をつけて、規模をあげていくのが現実的です。

 

僕の場合は、どちらかというと、ブランド事業に関しては、

並行輸入の商社になることを目標としています。

最上流の仕入れから大量ロットで仕入れた商品を、

ドンキなどのブランド小売店や、

他の並行輸入のネット小売業者に卸す商売です。

 

これはしっかり段階を踏んでいけば実現できるので、

ここは手堅くやっていくとして、

やはり銀行から借り入れをする→在庫を増やす→借り入れをする→在庫を増やす

という伸ばし方は、それ一辺倒になると危険だと感じています。

それは知人の経営者の経験談からそう感じています。

 

ライザップみたいに、借り入れをする→収益が回っている会社を買収する

とかだったら話は別ですが、在庫は勝手にぐるぐる回ってくれませんからね。

 

なので、ブランド事業はこれまでのやり方を発展させて、

売上1億規模から地道に伸ばしていく一方で、

在庫を持たないビジネス、在庫を持つけど利益率の高いビジネス、

ここら辺をしっかり仕込んで行こうと考えています。

 

在庫を持つけど利益率の高いビジネス、の方はすでにネタを見つけていて、

6000円で仕入れた商品が24000円で売れたり、

2000円で仕入れた商品が12000円で売れたり、

ここはかなりの可能性を感じているので、

これまで3年間、ブランド事業に突っ込んできた時間、労力と同様、

向こう数年は、この事業に真剣に取り組んで行こうと考えています。

 

ここら辺は、バイマなどではなく、

ECやフリマ、インスタグラムでの販売になるので、

そこらへんのノウハウも、このブログで提供していきたいと考えています。

 

在庫を持たないビジネス、の方は、なんとなく、

このブランド輸入の知識を持って、スクールとかやってみたいなぁと思っていました。

で、昔の知り合いからやってみないか、という話を持ちかけられ、

いざやってみたら、そいつが詐欺師だったのです笑

 

いやほんと…またやらかしましたよ。

おかげさまでまぁまぁな金額が吹っ飛びました笑

 

詐欺師、という表現があってるのかわかりません。

嘘つき野郎、くらいの方が表現として近いかもしれません。

 

おれの会社は年商5億だぜと言っていましたが…。

僕も修行時代は年商5億の社長の下で勉強させてもらっていたので、

詐欺師の言動から、この人そんな実力も売上もないだろうなってのが

すぐにわかってしまいました。

 

それで事情をしっている人に教えてもらったら、

年商5億というのは自分がコンサルしている会社や個人の売上や利益もカウントして、

グループで5億とのたまっているとのことでした笑

いや、アホかよ。。

 

きっと自分に実力がないから、

着実に伸びてきている僕の会社の勢いに乗っかりたかったんだと思われます。

そんな詐欺師が調子に乗って、色々やるもんだから、

もう僕に関わるのはやめてくださいということで、縁切りしました。

 

あんなのに引っかかった僕が完全にバカでしたが、

あれはあれで、見せ方がうまかったです。

全ての人がそうとは言えませんが、

やはり情報発信者はそこらへんプロですね。

 

まぁ、そんなこんなでスクールとかはお釈迦になりましたが、

今後、詐欺師撲滅は僕の中での一つのテーマになっていくと思います。

詐欺師撲滅、というか、せめて僕のブログを読んでくださったり、

お問い合わせを頂いたりする方には、ちゃんとした情報を届けていきたいと考えています。

 

さて、社員が出勤してきたので仕事に戻ります。

12月は今年の大一番、物販やられている人は頑張っていきましょう!

 

G13